<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
毛糸だま 冬号 vol.176

 

現在発売中の「毛糸だま」にバッグやセーター等、

様々なタイプの動物ニットが掲載されています。

材料が揃った便利なキットが

下記サイトにてご購入頂けます。

毛糸だまWEB

http://www.tezukuritown.com/keitodama/shopping.html

 

パピー毛糸オンラインストア

http://www.puppyarn.com/shop/index.php

 

ヴォーグ学園・東京校(水道橋駅・徒歩2分)

クラフトショップでもご購入頂けます。

(一般の方も利用できる手芸店です。)

https://www.voguegakuen.com/aoitori.php?f_school_id=1

 

ニットの家バッグ

 

「ニットの家バッグ」がヴォーグ学園・東京校の

クラフトショップにてご購入いただけます。

(一般の方もご購入いただけます。)

 

使うのが楽しくなるバッグが

28点掲載されています。

 

ヴォーグ学園・東京校(水道橋駅 徒歩2分)

https://www.voguegakuen.com/aoitori.php?f_school_id=1

 

 

 

編み込み動物バッグ

誠文堂新光社より10月7日に発売します。
アマゾンはコチラ

小鳥から猛獣まで、20匹以上の動物を編み込みました。
作り目から糸の替え方まで、写真で解説しています。
初心者の方でもチャレンジして頂ける作品もございます!



この本をテキストにした講座も始まります。
ご興味のある方は是非!
詳細は下記をご覧ください。

http://blog.knit-e.net/?eid=346     

※東京校はキャンセル待ちとなります。

 

 

赤レンガの家

「ニットの家バック」の番外編。
気になる方はどうぞご一読ください。

 
「赤レンガの家」
一番ベーシックなタイプです。
配色も抑えてあります。
初心者の方はこのバッグから編む事を
おススメします。

使用糸はブリティッシュエロイカ。
糸同士が絡み易くて、編みやすく、
カッチリ仕上がります。

 
内布は、オランダのデッドストック
生地を使用しました。本ではミシンで
仕上げていますが、小さなバッグ
なので手縫いでも良いと思います。

 
レッツ、ニッティング!

編み物万歳!

 
昨年末から、取り掛かっていた本が
いよいよ今週末くらいに書店に並びます。

「ニットの家バッグ」
東海えりか著・高橋書店

沢山のプロフェッショナルな
方々にお力添えを頂き、
濃厚な本に仕上がっております。

吉越さん、見本分、届いております!
ありがとうございます。
クラクラしちゃいましたー


 キキも頑張ってアパートメントを
編んでます。いつか、助手として
働きたいのだそうです。

 
11月には糸の提供をして下さった
パピーさんでワークショップを
行う予定です。チワワも欲しがる
ミニブローチを作る予定です。
(画像はサンプル作品です。)
詳細は、後日UPします。

 
そして、12月7日〜15日には恒例の
shironekoさんで「冬のバッグ展」を
行います。今回は抽象的なバッグを
制作します。今までの作風や、本の
イメージとはちょっと違ってしまうかも
しれませんが新鮮な「編み」を
お見せできたらと思います。


とりあえず、カブは気に
入っているみたいです。

久しぶりに、ニット作家らしい
ブログでした。